Otro

Sangría de Fresa y Kiwi con Geranio Rosa


Ingredientes

  • 4 cestas de 1 pinta de fresas, peladas
  • 2 botellas de 750 ml (25,4 onzas) de sidra de manzana con gas refrigerada
  • 6 kiwis, pelados, cortados en cubos de 1/2 pulgada
  • 16 hojas frescas de geranio rosa, ligeramente trituradas o 3/4 de cucharadita de agua de rosas *

Preparación de recetas

  • Pon a hervir 4 tazas de agua en una cacerola grande. Agrega las bolsitas de té; tapar y dejar reposar 10 minutos. Deseche las bolsitas de té. Agregue azúcar al té caliente; revuelva hasta que se disuelva. Agregue las 4 tazas de agua restantes. Enfríe el té hasta que esté frío, aproximadamente 3 horas. HACER POR ADELANTADO Se puede hacer con 1 día de anticipación. Cubrir; manténgase frío.

  • Haga puré 2 cestas de fresas en el procesador. Corta las 2 cestas de fresas restantes en rodajas. Coloque las bayas en puré y en rodajas en una jarra grande (o divídalas entre 2 jarras). Agregue el té y todos los ingredientes restantes. Revuelva y sirva.

  • * El agua de rosas está disponible en los mercados del Medio Oriente y en las tiendas de alimentos especializados.

Sección de Reseñas

Estate of the Art

Todos sabemos que el arte y el vino son buenos compañeros de cama, pero la noticia de la distribución pendiente de Donum en Hong Kong es un claro llamado a la acción para los estetas y conocedores de las cosas buenas de la vida. La bodega es famosa por su pinot noir y chardonnay de un solo viñedo y denominación única, y alberga una colección monumental de esculturas al aire libre (con más de 40 piezas) en la finca en la aclamada región vinícola de Sonoma, en el norte de California.

“Como orgullosos residentes de Hong Kong, estamos encantados de haber encontrado un socio para presentar nuestros vinos a la ciudad”, dicen Mei y Allan Warburg, los propietarios de Donum. “La colección de arte Donum ha atraído la atención mundial en la comunidad artística y, a través de este reconocimiento, hemos conocido a muchos amantes del arte que también sienten pasión por los vinos finos”.

Habiendo organizado recepciones para celebrar artistas junto con la Semana del Arte anual de Hong Kong en marzo, la finca presenta más de 40 obras importantes de artistas de todo el mundo, incluidos Yayoi Kusama, Louise Bourgeois, Keith Haring, Tracey Emin, Zhan Wang, Yue Minjun, Danh Vō y otros.

En cuanto a su destreza en la elaboración del vino, la finca comprende 200 acres pintorescos al norte de la bahía de San Pablo en el área de Carneros, y emplea prácticas agrícolas tanto biodinámicas como orgánicas. “Con nuestra ideología impulsada por el terruño, nuestros vinos pueden transportar a las personas a nuestros viñedos con cada sorbo”, dice el enólogo de Donum, Dan Fishman.

Además de su distribución en Hong Kong a través de Vinopolis, Donum se agregará a la lista de vinos del aclamado restaurante chino y espacio de arte Duddell's, galardonado con una estrella Michelin. "Nuestros clientes tienen un aprecio profundo y activo por el arte", dice el cofundador del restaurante, Alan Lo. "Con la monumental colección de arte de Donum y las etiquetas diseñadas por artistas, es una gran adición a nuestra lista de vinos".

“Estamos encantados de presentar Donum a Hong Kong”, dice KL Lee, director ejecutivo de Vinopolis. “La comunidad vitivinícola aquí está prosperando y buscan vinos únicos y de primera calidad como Donum. La demanda es alta, pero solo tenemos un stock limitado disponible en esta introducción inicial ".


Annabel & # 039s Clase de cocina privada あ な べ る お 菓子 教室 ~ ”こ こ ろ 豊 か な 暮 ら し”

一年 草 の 矢 車 草, マ リ ー ゴ ー ル ド, セ ン ニ チ コ ウ, 飛燕 草, パ ン ジ ー, 多年 草 の ニ オ イ ゼ ラ ニ ウ ム, ラ ベ ン ダ ー, 薔薇 (蕾), ナ デ シ コ, キ ク な ど が ポ プ リ 作 り に 向 い て い ま す. 見 か け も 大 切 な の で, 身 の 回 り に あ る, 種の 入 っ た 鞘, 小 さ な 松 ぼ っ く り を 集 め た り, ナ ツ メ グ, ク ロ ー ブ, ド ラ イ に し た 柑橘 類, ス タ ー ア ニ ス, シ ナ モ ン ス テ ィ ッ ク を 加 え る の も 良 い ア イ デ ア で す. 又, 趣味 の 店 で 手 に 入 る サ ン ダ ル ウ ッ ド チ ッ プ, ユ ー カ リ の 葉,ト ン カ ビ ー ン ズ な ど を 置 く の も 良 い で し ょ う。

ポ プ リ の 匂 い を 持 続 さ せ る た め の 匂 い 留 め (保留 剤) が 必要 で す. 最 も よ く 使 わ れ て い る も の に 「ニ オ イ イ リ ス の 根茎」 (オ リ ス ル ー ト は, ニ オ イ イ リ ス の 根茎 を 乾燥 さ せ, 2 ~ 3 年 後 に 粉状に し た も の ​​で す。 ニ オ イ ス ミ レ の 花 に 似 た 香 り が あ り ま す) が あ り ま す。

保留 剤 に は そ の ほ か に, バ ニ ラ ビ ー ン ズ, オ ー ク モ ス (musgo de roble), ア ン ゼ リ カ ル ー ト, ミ ル ラ ガ ム (没 薬, ム ク ロ ジ 目 カ ン ラ ン 科 コ ン ミ フ ォ ラ 属) の 樹木 か ら 分泌 さ れ る, 赤褐色 の 植物性 ゴ ム 樹脂) が あ り ま す. ポ プ リ の 10 -20% を 入 れ ま す. (こ れ ら の 保留 剤 は 見 て の 通 り, 自 ら 匂 い を 出 す も の で, 一 緒 に 入 れ た ハ ー ブ や ス パ イ ス の 匂 い を 留 保 す る も の で は あ り ま せ ん. い ず れ も ネ ッ ト で 手 に 入 る 広 く 受 け 入 れら れ て い る 安 価 な 品 物 で す の で こ こ で は 名 前 を 挙 げ る だ け に し て お き ま す。)

モ イ ス ト, ド ラ イ ポ プ リ を 作 る に は 材料 を 摘 み 取 り 、 2-3 日 で 乾燥 さ せ ま す。 材料 は 柔 か く 柔軟 柔軟 性 が あ る も の ま び び び材料 と 保留 剤 、 オ イ ル を 混 ぜ ま す。 こ れ で も モ イ ス ト ポ プ リ の 準備 が で き ま し た 、

切 り 株 を ボ ー ル に 入 れ て, 水 を 木 が 半 分 隠 れ る く ら い の 量 を 入 れ る. シ ナ モ ン ス テ ィ ッ ク, ク ロ ー ブ, ク ラ ン ベ リ ー, 松 の 枝 を 入 れ て 通 気 口 や ヒ ー タ ー の 傍 に 置 い て 水 を 温 め, 部屋 の 中 に香 り が 広 が る よ う に す る。 水 が な く な っ た ら シ ナ モ ン ス テ ィ ッ ク 、 ク ロ ー ブ 、 ク ラ ン ベ リ ー 、 松 の 枝 替 取。

ポ プ リ に つ い て も う 少 し 見 て い こ う と 思 い ま す。 今 ま で の 2 つ の レ シ ピ だ け で は ポ プ リ に に 関 し て は 未消化 で 終 わ

ポ プ リ の 作 り 方 (下 の サ イ ト) は 、 la edición de marzo / abril de 2008 de The Essential Herbal Magazine か ら の 引用 で す。

古代 エ ジ プ ト 王 は た く さ ん の 薔薇 の 花 を 陶製 の 壺 に 入 れ て 埋 め さ せ し た。。 (そ ら く 土 の 中 中) 夏 の 花 の 香 り を 後 後フ ラ ン ス 語 で 「朽 ち た 壺」 の 意 で す. 当初, ポ プ リ は モ イ ス ト メ ソ ッ ド (湿式 法) で 作 ら れ て い た の で し ょ う, 又 の 名 を 「ス イ ー ト ジ ャ ー」 と 言 い ま す. 事 実, ポ プ リ の 材料 は そ の 名 の 通 り 腐 らせ て い た か ら で す。

以下 は ス イ ー ト ジ ャ ー に 分類 さ れ る で あ ろ ​​う ポ プ リ の レ シ ピ で す. 本 当 の 意味 で の (tarro dulce) で は な い か も し れ ま せ ん が, 今 の サ イ ト か ら の 引用 で は, 昔 の 姿 を 映 す レ シ ピ と し て は こ の辺 り が 限界 な の か も し れ ま せ ん。 「ス イ ー ト ジ ャ ー」 の 精神 は 理解 で き る の で は? と 思 い 、 取 り 上 げ ま し た。

ク ラ ン ベ リ ー オ レ ン ジ ス ト ー ブ ト ッ プ ポ プ リ (Frascos de regalo navideños de bricolaje: Popurrí de arándanos y naranja sobre la estufa)

中 身 を ソ ー ス パ ン に 取 り 出 し て 弱 火 に か け る。 水 が な く な っ て き た ら 水 を 追加 し て よ い 匂 い を 部屋 中 に 行 き 日前 に 1 - せ ​​日前 た

1. 出来 る だ け 新鮮 な エ ネ ル ギ ー に 満 ち た 材料 を 用意 す る。 (参照 Delia Creates)


2. ラ ベ ン ダ ー の エ ッ セ ン シ ャ ル オ イ ル を 小石 の 上 に 振 り か け る と ポ プ リ の 見 栄 え が 一層 よ く な る。 (参照 Personas libres)

3. 部屋 か ら 浴室 に レ モ ン の 香 り 、 ロ ー ズ マ リ ー 、 シ ナ モ ン 、 バ ニ ラ の 香 り が 漂 っ て る と 落 ち 着 い た 気 分 着 い た 気 分 に な り

4. シ ト ラ ス 、 ジ ュ ニ パ ー ベ リ ー 、 ド ラ イ の リ ン ゴ と い っ た ナ ッ ツ と ド ラ イ の ル ー ツ の 取 取 り 合 わ せ の ポ プ :

5. 材料 を 水 で 煮 て 「香 り の ウ オ ー タ ー」 を 作 り ま す。 強 い 香 り が 約 3 日間 楽 し め ま す。 (参照 : La vida deliciosa)

シ ナ モ ン バ ジ ル (Ocimum basilicum 'Canela')

シ ナ モ ン バ ジ ル (Ocimum basilicum, 別名 メ キ シ カ ン ス パ イ ス バ ジ ル (Especia mexicana de albahaca) に は 亜 種 の タ イ バ ジ ル (O. basilicum var. Thyrsiflora) が あ あlora

快 い ス パ イ ス な 香 り は メ チ ル シ ナ メ イ ト (桂皮 酸, ácido cinámico) に よ る も の で シ ナ モ ン の 香 り が し ま す. ク ッ キ ー, パ イ な ど の 焼 き 物, パ ス タ, サ ラ ダ, ゼ リ ー, ビ ネ ガ ー に 使 わ れ て い ま す. 料理 以外 に は ド ラ イア レ ン ジ メ ン ト や ポ プ リ ※ に 使 い ま す。

バ ジ ル に は, Ocimum basilicum 以外 の 種 に 由来 す る も の も ふ く め, お よ そ 150 種類 の 栽培 品種 が あ り ま す. 香 り の 主 成分 は メ チ ル カ ビ コ ー ル (タ ラ ゴ ン, フ ェ ン ネ ル な ど に 含 ま れ る), リ ナ ロ ー ル (ス ズ ラ ン, ラ ベ ン ダ ー, ベ ル ガ モ ッ ト様 の 芳香) 、 シ ネ オ ー ル (ユ ー カ リ 属 の 植物 の 精油 に 含 ま れ る) 、 オ イ ゲ ノ ー ル (ク ロ ー ブ 、 ロ ロ ー リ エ 、 シ ナ ナ モ ン

イ タ リ ア 料理 に 多 く 使 わ れ る 品種 は バ ジ ル, バ ジ リ コ, ス イ ー ト バ ジ ル の 名 で 知 ら れ て い る. ジ ェ ノ ベ ー ゼ バ ジ ル (albahaca genovesa) も イ タ リ ア 料理 に 使 わ れ る. ほ か に レ モ ン バ ジ ル (albahaca limón), ホ ー リ ー バ ジ ル (albahaca santa) , シ ナ モ ン バ ジ ル (Sinnamon albahaca), タ イ バ ジ ル (tailandés albahaca), マ ン モ ス バ ジ ル (Mammoth albahaca), タ イ レ モ ン バ ジ ル (albahaca tailandesa limón, ラ イ ム バ ジ ル (cal albahaca), リ コ リ ス バ ジ ル (regaliz albahaca), ア フ リ カ ン ブ ル ー バ ジ ル (albahaca azul africana ) な ど の 品種 が あ り ま す。 順次 、 主 な バ ジ ル を 取 り 上 げ て ゆ こ う と 思 い ま す。

バ ジ ル (It.Basilico, Ocimum basilicum) シ ソ 科 メ ボ ウ キ 属. 別名 メ ボ ウ キ, sweetbasil. イ ン ド, 熱 帯 ア ジ ア 原産. 日本 名 の y ldquo メ ボ ウ キ y Rdquo は 水 に 浸 し て お い た バ ジ ル の 種 で 目 に 入 っ た ご み を 取 っ て いた た め こ の 名 が 付 き ま し た. イ タ リ ア 語 の y ldquo Basilico y rdquo は ラ テ ン 語 の basilicum 由来. さ ら に 遡 る と 「王」 を 意味 す る ギ リ シ ャ 語 の basileus (rey) に 行 き 着 き ま す. し か し バ ジ ル の 香 り が 王 の 住 ま い に 相 応 し い、 或 い は 王 様 に 相 応 し い 薬 、 軟膏 を こ れ で 作 っ た か ら で あ る と 言 わ れ て い ま す が そ の 語 源 は 明 ら か で は あ り ま

こ の 時代, 1300 -. 1700 年 ご ろ は, 「緑色」 に 対 す る, イ メ ー ジ は 「悪 魔」 を 思 わ せ る 色 だ っ た よ う で す 何故 か と い う と, 緑色 は 若 葉 や 青春 を 思 わ せ る 生 き 生 き と し た 色 な の で す が, 季節か 移 ろ え ば や が て 変 色 し 枯 れ て 地面 に 落 ち 、 し ば ら く す れ ば 、 朽 ち て 腐 る 、 「」 を を 思 わ せ せ る 色 で あ っ た か ら ら

ユ ダ の 接吻 イ ス カ リ オ テ の ユ ダ は 黄色 の ト ー ガ を 着 て い ま す。 1304 & ndash06 画。 ジ ョ ッ ト ・ デ ィ ・ ボ ン ド ー 黄色 の ト ー ガ を を 着 て い ま す。 1304 y ndash06 画。 ジ ョ ッ ・ ・ デ ィ ・ ボ ン ド ー 黄色 の ト ー ガ を 着 て い ま す。 1304 & ndash06 画。 ジ ョ ッ ト ・ デ ィ ・ ボ ン ド ー 黄色 の ト ー ガ を 着 て い ま す。 1304

ク ッ キ ー の 金 型

先 日, ラ ッ テ ィ ス パ イ の 金 型 作 り に 困 っ て い た ら, 口 に 出 し て 喋 っ た わ け で も な い の に 『最近 は ア イ シ ン グ ク ッ キ ー が 流行 っ て い て, ク ッ キ ー 金 型 を 自 分 で 作 る サ イ ト が あ り ま す よ.』 と お 菓子 教室 の生 徒 さ ん が & rdquo 優 し く & ldquo 教 え て く れ ま し た。 「教 え て く れ て あ り が と ー っ !!」

来 月 の お 菓子 は 、 「Zimtkuchen」 な の で 早 速 作 り ま し た。 道具 と 材料 、 れ に 方法 が わ か っ い れ ば す す ぐ ぐ 、 思 っ た も ― ― ― ―

次 回 は & rdquo 凝 っ た 金 型 "を ご 紹 介 で き れ ば と 思 っ て い ま す。


En el siglo XV "San Wolfgang y el diablo" de Michael Pacher, el diablo es verde. Poetas como Chaucer también establecieron conexiones entre el color verde y el diablo.

Manuscrito iluminado, Libro de horas, San Jorge, Manuscrito Walters W.168, fol. Detalle 217v

イ ン グ ラ ン ド の 植物 学者 ジ ェ ラ ー ド は & ldquo バ ジ ル の 葉 を 食 べ て い れ ば サ ソ リ に 刺 れ て も 大丈夫 だ & rd と 言 ド は 占星 , , 占星1654) は y ldquo バ ジ ル は 火星 と さ そ り 座 の 下 に あ る ハ ー ブ 故 、 バ ジ リ ス ク と 繋 が り あ る Basilicum と い う 名 が 付 い い

パ ー キ ン ソ ン (John Parkinson, 1567 y ndash1650, イ ギ リ ス 最後 の 草本 学者 に し て も っ と も 偉大 な る 植物 学者) は バ ジ ル と サ ソ リ 座 の 関係 を y ldquo バ ジ ル は 優 し く 扱 う と 心地 よ い 香 り を 出 す が, 押 し 潰 す と 強 い 香 り が サ ソ リ を 産 む.又, バ ジ ル を 植 え た ポ ッ ト や い れ も の の 下 に サ ソ リ が よ く 潜 ん で い る. バ ジ ル の 若 枝 が ポ ッ ト の 下 に 残 さ れ る と そ れ が サ ソ リ に な る. y rdquo と 説明 し て い ま す. バ ジ ル の ニ オ イ が す る だ け で頭 の 中 に サ ソ リ が 棲 み つ く と い う 迷信 も 残 さ れ て い ま す。

又 ニ コ ラ ス ・ カ ル ペ ッ パ ー (Nicholas Culpeper 、 18/10 / 1616-1 / 10/1654 、 イ ギ リ ス の 本草 学者 、 植物 学者 、 医 、 、 占星 学者) は 医 占星 術 書 占星 学者) は 医 占星 術 書 占星 学者) ) の 中 で & ldquo 毒液 を 発 す る 獣 に 噛 ま れ た 時 、 又 は ス ズ メ バ チ な ど 毒針 で 刺 さ れ た 時 は そ の 場所 に バ バ ル を 当 て れ ば 直

バ ジ ル に つ い て は こ の ブ ロ グ で も う 書 い た つ も り で い ま し た. 思 い 返 せ ば, 1390 年 ご ろ に 書 か れ た イ ン グ ラ ン ド の 料理 書, ザ フ ォ ル ム オ ブ ク ー リ ィ (La Forme de Cury 1390) の 解説 の 一部分 に 「バ ジ ル」 に つ い て 書 いた 記憶 が 頭 の 中 に 残 っ て い た か ら で し た。 ザ フ ォ ル ム オ ブ ク ー リ ィ か ら 一部分 引用 し て 、 ご 紹 介 し ま し ょ う。

『少 し お 話 が 飛 び ま す が, こ の 料理 書 が 書 か れ た 1300 年 後 半 は y ldquo ガ ウ ェ イ ン 卿 と 緑 の 騎士 y Rdquo が 世 に 出 た 時期 と ほ ぼ 合 致 し ま す. (フ ォ ル ム オ ブ ク ー リ ィ は こ の 物語 よ り も ほ ん の 少 し 前に 出 た よ う に 言 わ れ て い ま す.) こ の 物語 は ア ー サ ー 王 伝 説 の 後 を 受 け て 書 か れ た 物語 で こ の 時代 に 大 い に 話題 に な っ た 物語 で す. そ れ は 次 の よ う な 書 き 出 し で 始 ま り ま す. 』以下引用 が 続 き ま す。

del manuscrito original, artista desconocido

Y ldquo ア ー サ ー 王 が 宮殿 で 円 卓 の 騎士 達 と 新年 の 宴 を 催 し て い る と き, 突 如, 衣服 か ら 髪 か ら 皮膚, さ ら に は 跨 る 馬 に 到 る ま で す べ て が 緑色 の 騎士 が 現 れ, 首 切 り ゲ ー ム を も ち か け ま す.自 分 の 首 を 大 鉈 で か き 斬 っ て み ろ と 挑 み, そ れ で も し 自 分 が 無 事 だ っ た ら, そ れ に 相 応 す る 挑 戦 を 受 け ろ と 騎士 た ち に 挑 発 し ま す. ガ ウ ェ イ ン は ア ー サ ー 王 の 甥 で あ る と い う 理由 で 円 卓 の 騎士 達と い つ も 同 席 し て い る 負 い 目 か ら, い き な り そ の 場 に 躍 り 出 る や 緑 の 騎士 の 首 を 一振 り で 斬 り 落 と し ま す. し か し, 首 か ら 血 を 吹 き 出 す 緑 の 騎士 の 胴体 は 全 く 動 じ る こ と な く, お も む ろ に 自 分 の 首を 拾 い 上 げ, 「1 年 後, 緑 の 礼 拝 堂 で 待 っ て い る. そ こ で お 前 に 仕 返 し の 一 撃 を く れ て や る.」 と 猛 々 し く 言 い 残 し, 首 を 抱 え て 走 り 去 っ た の で す. y ldquo と 衝 撃 的 な シ ー ン はこ の 後 の 思 い も し な い ス ト ー リ ィ の 展開 を 予 告 し て い ま す。

こ れ は 二代 目 の バ ジ ル で す。 二代 目 と い う の は 、 今年 の 5/10 に 苗 で 植 え た バ ジ ル の 枝 を 8 月 に 挿 し 木 を し て 大 き く し

種 か ら 育 て る と 日 数 が か か る の で 枝 を 挿 し て 増 や し ま し た。 夏 ほ ど 「す く す く」 と 言 言 う わ け に は い せ

国立 健康 ・ 栄 養 研究所 (Instituto Nacional de Salud y Nutrición) 「国民 の 健康 の 保持 及 び 増 進 に 関 す る 調査 及 研究 研究 並 び に 国民 の 栄 養 そ の 他 国民 の 食 生活 に 関 す る 調査 調査増 進 を 図 る こ と (法 第 3 条)。 」を 目的 と し て 設立 さ れ た 機関 か ら 引用 引用 で す。 文献 の 最後 に y ldquo ま と め y rdquo を 書。 て

名称 ス テ ビ ア [英] Stevia 、 Hierba dulce paraguaya [学名] Stevia rebaudiana (Bertoni) Hemsl

・ 葉 は 「医 薬 品 的 効果 効能 を 標 ぼ う し な い 限 り 医 薬 品 と 判断 し な い 成分 本質 (原材料)」 に 区分 さ れ る (30)。
・ ス テ ビ ア 抽出 物 、 ス テ ビ ア 末 等 は 既存 添加物 (甘味 料) と し て の 使用 が 認 め ら れ て い る。
・ レ バ ウ デ ィ オ サ イ ド (rebaudiósido A 、 ス テ ビ ア 抽出 物) は 、 米 国 で は GRAS (一般 的 に ​​安全 と み な さ れ た 物質) 認定。

· ス テ ビ ア の 主 成分 は ス テ ビ オ サ イ ド (esteviósido) で, こ れ は 熱 や 酸 に 安定 で, ノ ン カ ロ リ ー で 10% シ ョ 糖液 の 100 倍 甘 い. 他 の 成分 と し て は y beta- シ ト ス テ ロ ー ル, ス チ グ マ ス テ ロ ー ル, タ ン ニ ン, 精油が あ る。

・ 品質 の 指標 と し て 、 ス テ ビ オ サ イ ド と レ バ ウ デ ィ オ サ イ ド (rebaudiósido) A は NH2- カ ラ ム を 用 い た UV-HPLC に よ り 分析 さ れ れ 115

循環 器 ・ 呼吸器 一般 情報
・ ス テ ビ オ サ イ ド を 高 血 圧 症 患者 に 摂 取 さ せ る と 、 収縮期 血 圧 お び 拡 張 期 血 圧 が 低下 し た (PMID: 14693305) (PMID: 14563305)現象 に つ い て は さ ら な る 検 証 が 必要 で あ る (PMID: 16775813) (94)。
・ ス テ ビ オ サ イ ド 1,500 mg / 日 を 2 年 間 摂 取 し た と こ ろ 、 左心室 肥大 の リ ス ク が 低下 し た と い う 報告 が あ る (PMID: 14693305) こ こ


メ タ 分析
· 2014 年 5 月 ま で を 対 象 に 5 つ の デ ー タ ベ ー ス で 検 索 で き た 二 重 盲 検 無 作為 化 プ ラ セ ボ 比較 試 験 9 報 に つ い て 検 討 し た メ タ 分析 ​​に お い て, 成人 に よ る ス テ ビ ア, ス テ ビ オ サ イ ド, レ バ ウ デ ィ オ サ イ ド A の 摂 取 は,拡 張 期 血 圧 (7 報) 、 空腹 時 血糖 (76 報) 、 の 低下 と 関 連 が 認 め ら れ た が 、 収縮期 血 圧 (7 報) 、 総 コ レ ス テ ロ ー ル (6 報) コ (6 報) 、 コ(6 報) に 影響 は 与 え ず 、 ト リ グ リ セ リ ド (5 報) の 増 加 と 関 連 が 認 め ら れ た が 、 い ず れ も 試 験 に よ る バ ラ ツ 25
RCT
・ 健康 成人 100 名 (試 験 群 50 名 、 平均 42.1 & plusmn1.9 歳 、 ア メ リ カ) を 対 象 と し た 二 重 盲 検 無 作為 化 プ ラ セ ボ 比較 試 験 に お い 比較 試 験 に お い て4 週 間 摂 取 さ せ た と こ ろ 、 血 圧 、 心 拍 に 影響 は 認 め ら れ な か っ た (PMID: 18555574)。

· 一般 的 な 飲食 物 の 甘味 料 と し て ス テ ビ ア を 少量 経 口 摂 取 す る 場合 に は 安全 性 が 示 唆 さ れ て い る (94). ま た, ス テ ビ ア の 主 成分 で あ る ス テ ビ オ サ イ ド は 経 口 摂 取 に お い て 安全 性 が 示 唆 さ れ て い る(94)。
・ ス テ ビ オ サ イ ド の 経 口 摂 取 の 副作用 と し て 、 腹部 膨 満 や 悪 心 な ど の 胃腸 症状 が あ る。 た 、 頭痛 、 め ま い 、 筋 副作用 と し て 、 腹部 膨 満 や 悪 心 な ど の 胃腸 症状 が あ る。 た 、 頭痛 、 、 ま い 、 筋 副作用 と し て 、 腹部 膨 満 や 悪 心 な ど 胃腸 症状 が あ る。 ま 、 頭痛 頭痛 、 め ま い 、 筋 痛 び 14
・ FDA や ヨ ー ロ ッ パ 、 QUIÉN は ス テ ビ ア の 長期 摂 取 と 毒性 に 対 す る 結論 が 出 て い な い こ と を 理由 に 承認 し て い な か っ た 2004 2008 年 に ア メ リ カ の GRAS 認定 を 受 け た。 ま た 、 2010 年 4 月 14 日 、 EFSA の ANS パ ネ ル (食品 添加物 及 び 食品 に 添加 さ れ る る 栄 養 源 に 関 す る 科学 パ る 科学 パ る パ る体 の 安全 性 を 評 価 し 、 IDA を JECFA の 設定 と 同 量 の 4 mg / kg 体重 / 日 と し た (EFSA の 情報 の 詳細 は 食品 安全 情報 (化学 物質) No. 9/2010 (日本語) ま た はEFSA (英語) を 参照)。
・ 日本 で は 指定 添加物 で は な く 、 既存 添加物 と し て の 使用 が 認 め ら れ て い る。
・ ス テ ビ オ ー ル の 多量 摂 取 は 急性 の 腎 機能 低下 を 招 く お そ れ が あ る と い う 予 備 的 な 報告 が あ る (PMID: 9183561)。
< 妊 婦 ・ 授乳 婦 >
・ 妊娠 中 ・ 授乳 中 の 安全 性 に つ い て は 十分 な 情報 が な い た め 、 通常 の 食品 に 甘味 料 と し て 添加 さ れ る 量 を 超 え る 大量 摂 取 は 避 け た た
< 小 児 >
・ サ プ リ メ ン ト な ど 濃縮 物 と し て 摂 取 す る 場合 の 安全 性 に 関 し て 信 頼 で き る 十分 な 情報 が 見 当 た ら な い。
< そ の 他 >
・ 理論 的 に は 、 キ ク 科 の 植物 に 過敏 な 人 は 、 ス テ ビ ア で ア レ ル ギ ー 症状 が 起 こ る 可能性 が あ る (PMID: 14561506)。
< 被害 事例 >
· 26 歳 女性 (日本) が ス テ ビ ア を 含 む 清涼 飲料 水 を 摂 取 し た 直 後 に 全身 掻 痒感, 粘膜 浮腫, 呼吸 困難 を 呈 し た. ス ク ラ ッ チ テ ス ト に よ り, ス テ ビ ア が 陽性 で あ っ た た め, ス テ ビ ア に よ る ア ナ フ ィ ラ キ シ ー と 診断 さ れ た(2000143079)。

< 理論 的 に 考 え ら れ る 相互作用 >
・ 血糖 降下 作用 の あ る ハ ー ブ や サ プ リ メ ン ト 、 糖尿病 治療 薬 と 併 用 す る と 、 血糖 コ ン ト ロ ー ル に 影響 を 与 え る 可能性 が あ る た 、 (94)
・ ベ ラ パ ミ ル な ど の カ ル シ ウ ム 拮抗 剤 (PMID: 14693305) (PMID: 14561506) (PMID: 1921423) 、 血 圧 降下 剤 (PMID: 14693305) (PMID: 10971305) 、 圧 低下 圧 圧作用 を 示 す 可能性 が あ る。
・ 血 圧 ま た は 血糖 値 の 臨床 検 査 値 に 影響 す る 可能性 が あ る (PMID: 3651629) (PMID: 10690946) (PMID: 7616317) (PMID: 14681845) (94)。

1.LD50 (半数 致死量)
・ ス テ ビ ア 抽出 物 を 投 与 : マ ウ ス 29,5 g / kg (91)。
2.TDLo (最小 中毒 量)
・ ラ ッ ト 経 口 45 g / kg (91)。
3.TD (中毒 量)
・ ラ ッ ト 経 口 (継 続 的) 99,5 g / kg / 79 週 (91)。
4. そ の 他
· ス テ ビ オ サ イ ド に は 変 異 原性, 遺 伝 毒性, 避 妊 活性, 催 奇 形 性 な ど は み ら れ な か っ た (PMID: 14561506) が, ス テ ビ オ ー ル と ス テ ビ オ ー ル の 代謝 物 は 試 験 管 内 実 験 で 変 異 原性 が み ら れ た (PMID : 8962427) (PMID: 3887402)。
· ス テ ビ ア は, 生殖 に 関 し て 副作用 を も つ 可能性 が あ る ス テ ビ ア の 水性 抽出 物 は 雄 ラ ッ ト の 精子 数 を 減少 さ せ, 精 巣 重量 を 減少 さ せ た (PMID: 10619379).. ま た, ス テ ビ オ ー ル を 摂 取 さ せ た ハ ム ス タ ー のメ ス で は 子孫 の 数 と そ の 体重 が 減少 し た (PMID: 9598301)。
· ス テ ビ ア 抽出 物 (総 ス テ ビ オ サ イ ド 88,28% 含有) な ら び に ス テ ビ オ ー ル は, 試 験 管 内 実 験 で は 500 y taza / mL 以下, マ ウ ス 単 回 投 与 実 験 で は 2 g / kg 以下 に お い て, DNA 損傷 は 認 め ら れ な か っ た (2003197267).
・ ス テ ビ ア 抽出 物 (ス テ ビ オ シ ド 16,3 % 、 レ バ ウ デ ィ オ サ イ ド A16,3 % 含有) を 用 い た 雌雄 F344 / Du Crj ラ ッ ト に お け る 試 (1985) 。

・ 食 べ 物 や 飲 み 物 の 甘味 料 と し て 少量 を 経 口 摂 取 す る 場合 に は 安全 性 が 示 唆 さ れ て い る。
・ ス テ ビ ア は 2004 年 、 第 63 回 JECFA に お い て 一日 摂 取 許 容量 (IDA) が 設定 さ れ 、 2008 年 に ア メ リ カ の GRAS 認定 を 受 け た。 ま た 、 年 4物 及 び 食品 に 添加 さ れ る 栄 養 源 に 関 す る 科学 パ ネ ル) は 、 ス テ ビ ア 葉 か ら 抽出 し た ス テ オ オ 体重 ル 配 糖 体 の 安全 性 kg
・ 妊娠 中 ・ 授乳 中 の 安全 性 に つ い て は 十分 な 情報 が な い の で 、 通常 の 食品 に 甘味 料 と し て 添加 さ れ る 量 を 超 え る 大量 摂 取 は 避 る。


Ver el vídeo: Smirnoff Strawberry u0026 Rose Infusions sangria (Enero 2022).